トップページ初めに読んでね新サイト用DWI※公開終了しましたDWI製作講座関連リンク掲示板はこちらからどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【LECTURE】-初級編2-強調したいものはどれ?伝えたい事は大胆に。

※工事中(完成度80%)完成しました!(2014年8月1日)

初級編第2弾がはじまるよー!

早速概要なのですが、 
lecture1_pattern_E1.jpg
こんなの。初級編1から図E『「文字」のみのバナー』です。あなたから見て、このバナーはどう思いますか?

大体の人は「?」って思いますよね、ね? 

では、次はこれを見てください。 
lecture1_pattern_E1dash.jpg
あなたから見て、先ほどのバナーと比べて、どう違いますか?

「ただ文字を大きくしただけじゃんw」とか思う人もいるかと思いますが… 


少なからずとも「下のバナーのほうがわかりやすい」ような感じに思いませんか?

「微妙だけど、そうだなー」「確かにそうかも」と思った方は、きっとついてこれると信じています…


今回は、そんな文字を、如何にして伝えるかがテーマになります。

ただ「曲名」を入れる、「歌手名」入れる、「キャラ」の配置とバランスを取るだけではいいとは限りません。

今度は強調したいのはどこかを研究し、それを基に完成させていくという手順です。

ここまで出来れば、相手から見て、見た目だけで判断できる情報の十分な材料がそろうと思います。


初級編から大胆ですが、大胆に攻めていきましょう!



1.どれが、より「伝えたいもの」なのか
まず、単刀直入に答えを言いましょう。

それは、伝えたければ伝えたいものほど「見えやすさ」に拘ることです!


Stepmaniaの譜面って一般的にDWIとかSimfileって言われていますが、その譜面の情報として

「曲名(TITLE)」、「作曲者及び歌手(ARTIST)」、「出典」、「ジャンル」、「BPM値」等、たくさんありますよね。

じゃあこの中で、まずこれは絶対に相手に教えないといけない情報としてはどれなのでしょうか?


それは無論、「曲名(TITLE)」ですよね。

これがなければ、相手は何の曲かなんてわからないと思います。

つまり、この「曲名(TITLE)」を大胆に表現すれば!と思うでしょう。

しかし、伝えたいものは一つとは限りません。

もちろん、この部分は製作者それぞれの考えがあり、個人差があると思います。

なので、一概にこうであるとは断言できません。


自分としては、「作曲者及び歌手」が第2番目だと私は思います。

同じく2番目として「その曲に関連するキャラクターやオブジェクトなど」が入ってくると私は考えます。

「出典」は入れても入れなくてもいい、という感覚です。


以下に、自分が思う情報の優先度を示しておきます。


表1.譜面の情報において、伝えたい度合いをランク付けした表(※私的視点)
【重要度】【情報】
曲名(TITLE)
キャラ(※名前ではなく、イメージor絵)
作曲者及び歌手(ARTIST)
出典
その他(例.ジャンル、キャッチコピー、キャラ名、etc.)


こんな感じで解釈してます。「曲名(TITLE)」、「キャラ」は多分、曲情報を理解する上で当然かなと思いますし、

「作曲者及び歌手(ARTIST)」 も当然入れますが、ここ以下のランクは、個人差があると思います。

また、上位の項目も、キャラの大きさなどによっては順番が逆転する可能性もあります。



2.例えば…
じゃあ伝えたいものほどどうするべきか。ひとつ例を出しましょう。

列車に乗り、ある駅に着きました。駅構内には、ここが何という駅の名前か示す看板がありますよね。

lecture2_kanban.jpg 
図1.駅の看板(長岡駅の場合。新潟県長岡市)

じゃあ、ここで先ほどの表1のような、伝えたいことのランク付けを当てはめてみます。

表2.駅の看板の情報を、表1で示してみた
【重要度】【情報】【文字の大きさ】
現在地の駅名 = 長岡大(+太字)
前後の表示を表す矢印 = 緑の⇔
前後の駅名(次はなんという駅に着くのか) = 北長岡 or 宮内 
下部の英語のルビ = Nagaoka
ふりがな = ながおか
その他(下部の前後駅の英語のルビ)
ここには表示していないが、「住所」や「次は○○県超えるよ」、とか。
小 or 無

わかりましたか?つまり「伝えたいもの」ほど、わかりやすくする必要があります。

もちろん、「文字」を大きくすれば、「見えやすさ」も向上するわけですから、相手に伝わるのです。

あまり必要としない「下部のルビ」とかを、わざわざ大きく大胆に書く必要なんてありませんよね?

そんなことより、この駅行ってみたい

↑こんな感じ。こんな情報重要じゃないのに、すごく「いらない」感が大きいと思います。

つまり、無駄なものは載せない、それか比較的小さく表示すること。


しかし、重要度が低いからといって、完全に取り除くというのはせず、

別の表現で応用することがあったりしますが…詳しくはまた別の回で紹介します。 

多分、この部分はこだわりたい人(中級とかそのあたり)によると思うので、今は深く考えなくていいと思います。


3.実践
さて、例題はここまでにして、実際のSimfile(DWI)専用のバナーだとどういう風につくると良いのでしょうか。

前回の例で使用したような情報を使用し、さらに曲名なども明確化しました。

今回は以下の環境で、例を紹介しようと思います。


【環境A】
TITLE:「reunion」
ARTIST:「ClariS」
CHARACTER:「高坂桐乃」、「黒猫」
出典:「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」
SIZE:512(横) x 160(縦)


では、ここで表1を使ってみましょう。もちろん、中の情報の順序は変更してもいいですが、

さすがに「曲名」と「作曲者及び歌手」を変更する人はいないでしょう…とりあえず作成します。


表3.【環境A】を重要度表に適用すると…
【重要度】【情報】
曲名(TITLE) = reunion
キャラ = 高坂桐乃、黒猫
歌手名(ARTIST) = ClariS
出典 = 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
その他
ジャンル = アニソン
イメージ = ゆったり etc.

これを、実際に作ってみましょう。

なお、今回は背景とかは関係無しです。配置だけにこだわったので、飾りとかも無しでやってみました。

つくりましょう、つくりましょう、さてさて何ができるかな。

lecture2_001.jpg 

はい、できました!

「…ん?!」とか「ファッ?!」とか思った人はOK!これ駄目ですよね。

どこがダメかって…?

明らかに文字とキャラがかぶってしまって、

キャラ(黒猫のほう)が見えないため、キャラが強調されません。

おまけに、「ClariS」の部分と黒猫の髪の色がかぶってしまい、曲名が見えづらいですよね。


…というわけで作り直しましょう。とりあえず、キャラで幅をとりすぎているので、キャラの大きさを小さくしてみます。

つくりましょう、つくりましょう、さてさて何ができるかな。

lecture2_002.jpg

はい、できました!

「悪くはないけど…」「ちょっと何か足りない?」とか、物足りなさを感じた方、いいセンスしてると思います(上から目線)。

確かにこれでも問題ないと思います。

ただ、よく見てください。「曲名」と「歌手名」が同じ大きさだと思いませんか?

この場合だと、「曲名」と「歌手名」の重要度が同じということですね。

今回設定した表3では「曲名」である「reunion」のほうが重要度が上、すなわち強調したいので、

「reunion」の文字をさらに大きくし、「ClariS」のほうを小さくしてみましょう。


つくりましょう、つくりましょう、さてさて何ができるかな。

lecture2_003.jpg

はい、できました!

「大きくしすぎじゃない?」「俺の黒猫がー!」と思った方がいると思います。まぁわかりますよね。

別の【伝えたい情報】にまで影響を及ぼすような大きさにしちゃうと、

影響が与えられた情報のほうは、見てわかるように、見た目的に伝える力を損なってしまいます。

なので、あまりにも大きすぎて、別の【伝えたい情報】にかぶるのは良くないと思います。
(※もちろん、全てがそうであるとは限りません)

つまり、大きすぎても小さすぎてもいけない。慢心、ダメ、ゼッタイ。

というわけで作り直します。


つくりましょう、つくりましょう、さてさて何ができるかな。

lecture2_004.jpg

はい、できました!個人的にこれが良い状態だと思います。

「俺は気に食わんな…」「いや、もうちょっと凝ってもいいんじゃない?」

という方、大丈夫ですよ!間違いじゃないです!さらに高みを目指すべきだと思います!

初級編1でも言ったように、ほんと想像力次第ではいろいろなパターンありますので、

さらに見栄えがよくなりそうな良い配置を自分で見つけてみましょう!





【おまけ:さらにこだわってみる例】

例えば、さらにこだわってみたいなら、こんなのとかどうでしょう。

lecture2_005.jpg 

「どこが変わったの?」と思っている方いらっしゃると思いますが、

ただ線をつけただけです。

たったこれだけで、少しは整った感が増えたと思いませんか?

個人的に思うには、こうすることで、線を基準にまっすぐ並んでいるという指標?という感じがありますし、

また、「reunion」と「ClariS」の2組が連続した文字ではないという線引き的な感じにも見えます。個人的に。


lecture2_006.jpg 
lecture2_007.jpg 

こちらは情報量を増やしてみるため、「出典」を追加しました。

これでもなかなかいい感じだと思いませんか?

一応情報量が増えれば増えるほど相手に伝わることは当然ですが、

バランスさえ整えれば、それだけ飾りが増えるので、見た目もさらに良くなると思います。

ちなみにこれ、四角から型抜きしてるのではなくて、

ただ単に黄土色の四角に白字の文字を乗せただけですよ。意外と簡単でしょ?






4.まとめ
このように、各オブジェクトには「大きさ」の限度がありますが、なおかつ大胆に表現する必要があります。

その基準となるのが、「何を伝える必要がある」か、

そして「それは相手にとってどれだけ重要な情報なるのか」ということ。

伝える必要がある情報の必要度に応じて、物の強調度の調整が必要だと思います。

あとは、情報量も多ければ多いほど、配置や大きさのアレンジの幅が広がるので、

よほど余裕があるようでした、どんどん追加していきましょう!



さて、これで「配置」と「大きさ」に関する初級編のLECTUREは終わりです。

次回からは中級編…多分本格的なデザインの考え方に近くなると思います。

といっても、自分にはそんなプロ級の知識はないですが…それでも簡単なところから攻めていこうかなと思います。


【今回使用した素材】
フォント…
(英字)Bauhaus
(日本字)モリサワ タカバンド B
画像…
1.Kirino Oriemo Render by EclairDesigns (deviantART.com)
2.Kuroneko 'Summer' Render by AzusaCaky (deviantART.com)





スポンサーサイト

【LECTURE】-初級編1-配置に困ってる!安定したバナーってどんなの?

いよいよ初級編が始まります。説明しても、わかりにくい部分があると思いますが、
こんな文章力が微妙な自分でも、ステマニをより楽しく作りたい方のためになるなら幸いです。

早速ですが、タイトル通り、この「オブジェクト」の配置について考察してみましょう。

オブジェクト…いわゆる、画像に貼り付ける物体はいろいろあります。例えば、
人、文字、線、丸、etc...
いろんなものを適当に画像に入れてしまえば、それで絵が出来上がるわけです。
しかし、単にテキトーに入れるだけで、他人から見れば、まぁそれは当然質が低そう…みたいに見られちゃいますよね。
ならば、せめて基礎の部分だけでもなんとかしておく必要がありますね。

では、ステマニ用で扱う画像で、主に必要になってくるのはどれなの?
もちろん、譜面は1つ1つ作っていくわけですから、それぞれに「バナー」が必要になってきますよね。
場合によっては、5.0以降に使うものとして、「ジャケット」も必要になってくるかもしれません。
というわけで、今回は、その「バナー」と「ジャケット」のオブジェクトの配置の仕方を考えていきましょう。

今回の例では、
TITLE:「曲名」、「TITLE NAME」、「TITLE NAME LIST」のどれか
ARTIST:「アーティスト」
CHARACTER:「高坂桐乃」、「黒猫」
SIZE:512(横) x 160(縦)
を使用したとしましょう。




①「バナー」の場合
Stepmaniaのバージョンが3.9でも5.0でも、どこでも使われるこの「バナー」。
どのようなバナーを作っていこうかな?と考えますよね。当たり前だけど…

では、一つ問いたいのですが、あなたは「文字」と「キャラクター」をいつもどのように配置していますか?

lecture1_pattern_A1.jpg 
図A.一番オーソドックスな作り方

まぁ大抵の人は上のAのバナーみたいに、片方を「文字」のスペース、もう一方を「キャラ」のスペースとして使う人がほとんどだと思います。

ただ、配置パターンはそれだけだと思っていませんか?

画像を作るのは、あなた自身。つまり、どのような配置にしようが構わないのです。自由なのです。
というわけで、このパターンを逸脱してみましょう。
例えば、こんな配置もいかがでしょうか?

lecture1_pattern_B1.jpg  
図B.上半分を「キャラ」、下半分を「文字」スペースとして使う

このような、Bのバナーのように、下半分より少なめを「文字」、上半分を「キャラ」にすることだってできます。

他にも、

lecture1_pattern_C1.jpg 
図C.真ん中を「文字」、左右に「キャラ」を配置する

このCのようなバナーでは、真ん中を「文字」、左右それぞれに「キャラ」を置くこともできます。
Cのパターンは、Bのパターンよりも扱いやすいと思いますよ。
私のバナーは、過去の作品を見る限り、Bのほうをよく使っているみたいです。馴染みがあるのでしょうかね…

以上のように、配置の仕方は大体この3パターンですが、それ以外にもパターンはたくさんあります。

lecture1_pattern_D1.jpg
図D.「文字」を上下端っこに、「キャラ」を真ん中に配置した場合

 lecture1_pattern_D1dash.jpg
図D'.図Dとは逆で、「文字」を真ん中に、「キャラ」を上下に配置した場合

以上、紹介したような使われるパターンの特徴として、
A一番オーソドックス。「文字」も「キャラ」も配置しやすい。単調気味ではあるが、センスや技術次第でそれも抑えられる。
また、「文字」の部分はスペースが大きいので、配置する自由度が高いのもメリット。
B個人的に扱いづらい。この場合、「文字」も左右対称で形が整っていないと、綺麗に見えないことが多い。
このパターンは、「キャラ」が横並びに全員集合するような配置なら、使用する一つのパターンとして考えるのも手。
デメリットは、「曲名(2文字)」のような、短い文字列では少々無理があること。
Cキャラ」は2人以上で、それぞれ左右に置く必要がある。
Aパターンほどではないが、左右の「キャラ」の大きさを変えれば、真ん中のスペースを変更できる点がある。
完成すると、「文字」と「キャラ」は左右対称でバランスが良くなるなので、意外と技術がなくても、それなりに綺麗に見えたりする。
D文字」のジャンルに2つ以上入れる必要がある。この場合、文字が枠の代わりになって、バナーとして見えるが、
その代わり、「文字」を大きくすると「キャラ」にかぶってしまい、扱いが難しいかもしれない。
デメリットは、B同様、短い文字列が使えないこと。
D'キャラ」が2人以上必要。「キャラ」の配置は対角線上がベストか。「文字」の背景に区切りをいれる必要もあるかもしれない。。
こちらも「文字」を大きくすることが、Dよりも出来ないと思われる。しかし、こっちのほうが何故かカッコよく見える。
また、こちらも同様、短い文字列が使えない。

もし、「キャラ」に相当するオブジェクトが無い場合、
lecture1_pattern_E1.jpg 
図E.「文字」のみ。

このEのようなパターンで、「文字」のみで勝負する場合があります。
Eのパターンになった場合は、次回で紹介するような「見えやすさ」、「文字のインパクト」で補う必要が出てくると思います。
簡単に言うと、強弱をつけて、
lecture1_pattern_E1dash.jpg
図E'.Eの文字をさらに大きくしてみた

このようにE'のパターンように、文字は大きく、そして縮小されても見えやすいような作り方をする必要があります。
このあたりの詳細は、次回で紹介します。


さて、「文字」と「キャラ」の配置パターンも決まったところで、今度はさらに「文字」のみに焦点を絞ってみましょう。
無論、ほとんどの国では「上から読む」「左から読む」のが当たり前ですので、

lecture1_pattern_A2.jpg 
図a.一番オーソドックスな例

aのようなパターンで、上から「曲名」、「アーティスト名」or「歌手名」みたいな感じで作りますよね。
ここにおまけ程度で「ジャンル」、「作品名」が入ったりしますが、そこはお好みで。

lecture1_pattern_B2.jpg 
図b.「文字」に「右揃え」を適用した場合

bのパターンのように、文章でいう「右揃え」ですね。このバナーでは、「文字」が全体的に右に配置されているので、
右端に寄せて、右揃えにするような配置するパターンです。
もちろん、その逆である「左揃え」を使う場合も同じです。
さらに、bのパターンでは、たとえbのように「文字」が全体的に右だったとしても、左揃えを使うことも可能です。
このパターンは、とにかく端っこを揃えれば、形を整えることと同じであり、よりイメージ的に印象を良くさせると思います。

じゃあ他にもパターンはないの?
あります!だから言ったじゃないですか。自由に作れると言ったはずですよ?
例えばこんな感じで、cのパターンのように、

lecture1_pattern_C2_1.jpg
 lecture1_pattern_C2_2.jpg
図c.空いたスペースに、別の「文字」を入れた場合

曲名がちょっと長いので、2行にしたら左下のスペース空いちゃった…っていう時に、ここに入れるのもアリです。
これの使い方としては、「曲名」の範囲を長方形で表した時、
その範囲の端っこに合わせるように別の「文字」を入れることで、同じく形を整えるイメージがあります。
ここでは、「TITLE NAME LIST」が使ったスペースを長方形で表した場合、
最初の「T」が左端と上端、最後の「T」が右端と下端になります。
cで使った例では、下端に揃えるように「アーティスト」を入れています。

あと、Bの配置パターンで作った場合は、

lecture1_pattern_D2.jpg
図d.図Bの「文字」配置を逆にする。

このようなdのパターンで、曲名の上に歌手名を入れるという例外も問題ないと思います。
文字が比較的小さい場合、順番を考えなくても伝われば…この部分も多分、次回で紹介すると思います。

lecture1_pattern_D2.jpg 
図e.図Eのように、配置する部分を分ける

このeパターンのように、「文字」を上と下に置く組み合わせも有かな?

というわけで、この部分を感想含めまとめると…
aオーソドックスで、一番無難な組み合わせ。曲名が無駄に長い場合はcを使うか、Bの配置に改めるべき。
無理にフォントを縮めると、フォント自体の味が無くなるので避けるべき。(別の回で紹介します)
bオーソドックスその2。その代わり、配置によってはバランスが崩れる可能性がある…?
デメリットは、揃えることで空きスペースが増えること。
この空きスペースを埋めるようなデザインも考える必要がある。
c管理人がたまに使ってるパターンだけど、正直変な配置とは思わない。むしろどんどん使ってもいいと思う。
d例外パターン。「曲名」の下に「歌手名」などが入らない時に使ってみるといいかも。
e図Eパターンのような「曲名」「歌手名」をそれぞれ上と下に割り当てる感じ。
これを使うデメリットは、「文字」同士が近くにないので、それぞれの関連性が薄くなること。
扱いやすいのだが、何故か良い印象…ではない。何故だ…?

まぁ、ここまで説明してなんなんですが、
みなさんが無意識に使ってる「A,a」パターンが一番無難だと思います(キリッ

でも、そこは頑張って、いろんなパターンを使っていけば、新しい発見ができるのではないでしょうか。


②「ジャケット」の場合
Stepmaniaのバージョン5.0(旧sm-ssc)以降に、新機能として搭載された「ジャケット」。
これは、よくCDのラベルで使われてるようなものと同じと思えば問題ないです。
個人的には、これも似たようなものだと思います。
新たに導入されたものなので、ジャケットを多用しているサイトはそこまで無いと思います。
まぁおまけ程度なんでしょうね…多分。
ただ、そのような新機能を十分に発揮させないわけにはいかないし、
なんにせよ公式は5.0を勧めていますので、見逃さないわけにもいかないかもしれません。

ジャケットの配置パターンとして、オーソドックスなものとしては
lecture1_pattern_F1.jpg
図F. 「キャラ」を全体に、「文字」を下に配置する

lecture1_pattern_G1.jpg 
図G.「キャラ」を全体に、「文字」を右下に配置する

FとGのようなパターンだと思います。
Fは、「キャラ」を全体に、「文字」を下に。Gは同じく「キャラ」を全体に、「文字」を左下か右下に。
まだまだ色々あると思いますが、そこは皆さんの研究次第。
いずれ他のパターンも見つけてくることができると思います。私も研究しなきゃな…
あとは、これは使えるかな、とおもったパターンとして、

lecture1_pattern_H1.jpg 
図H.「キャラ」を全体に、「文字」は対角線上、または点対象の端っこに配置する

このHのように、対角線上の端に「文字」を置くパターンも使えると思います。

とりあえず「ジャケット」に関しては、実際にCDのラベルを拝見すると、どのように使われているのかが発見できると思います。




ふぅ…一通り考察してみました。とりあえず、大事な点を申し上げると、


文字」はできるだけ離さない。そうすると、互いの関連性を薄めることになる。
例えば、ここでいうと、この「曲名」が「アーティスト」の曲ではないというイメージを与える可能性もあるということである。
離す場合は、ジャケットのように、画像全体が広く、対角線上でバランスが釣り合うように配置すると良い。


キャラ」の配置は、Aパターンだけではないこと。
キャラ」と「文字」の配置でバランスよく組み合わせると、雑な編集技術や、汚い文字でも、ある程度は補えれる。

多分これくらいだと思います。他にも言いたいことはたくさんあるのですが、
それは次回のようなタイトルなど、そちらで重点的に話したいところです。

あと、もっと技術をつけたいということなら、
まずは、実際に見て気に入った広告、ポスター、ゲームのデザインなどを、
出来る限りで真似してみることも、スキル上達の手段として使えるのではないでしょうか。

以上、長文でしたが、初級編1を終わります。


【今回使用した素材】
フォント…モリサワ タカバンド B (「僕は友達が少ない」タイトルフォント)
画像…
1.Kirino Oriemo Render by EclairDesigns (deviantART.com)
2.Kuroneko 'Summer' Render by AzusaCaky (deviantART.com)

LECTURE メニュー

◆DWI製作(適当編)
特にこれといったものはないですが、まぁ知っておいて損はないと思います。
第1回 「2つ同時押しと3つ同時押しの勘違い」いわゆる足譜面と手譜面の大きな違いと言ってもいいでしょう。
または、3つ同士押しに対応していない人のためへの考慮もかねて。
そんな初心者がやってしまう勘違いを解消しましょう。
第2回 「ふわり効果(別バージョン)」「Cherry Step」のれこさんや、「Eid真意を」の天駈さんが
紹介されていらっしゃる、あの「ふわり効果」の別バージョンです。
私が主に使用しているこの効果を、理論的に紹介します。


◆DWIの画像製作にあたって…(画像製作入門編)
そもそもバナー・ジャケット・CDTITLEって何?まずはStepmania専用のファイルに、任意で入れる画像の紹介をします。
ある意味下準備ですね。




◆DWIの画像製作にあたって…(画像製作初級編~)

【初級編1】配置に困ってる!安定したバナーでどんなの?どのように「物や人」と「(曲名などの)文字」を入れるか。
さまざまなパターンを紹介していきます。
【初級編2】強調したいものはどれ?伝えたい事は大胆に。「伝えたいこと」を強調すると、相手にとって見た目の判断材料にも。
まずは、何が重要なのかを見極めていきます。
【中級編1】フォントって、やっぱりこだわる必要あるの?(工事中)文字にも形によって、その印象が変わってきます。
ここに焦点を当てると、いつも使ってたMS ゴシックや明朝だけでは物足りないと感じるようになりますよ?
【中級編2】色の使い方に困ってる!(工事中)そうですよね…配色も大変ですよね。
でも、大抵の事は「白さえどこかで使えば何とかなる」ものです。
本当…?なのかどうかは、とりあえずここで紹介してみます。
【上級編】???(工事中)何を書こうか忘れてしまった…



DWI用バナー・背景・CDTITLEをLogoshaderで作ってみよう!
今はPhotoshopをほとんど使っていますが、2010年までは主にこの「Logoshader」を使ってバナーを製作してきました。
そんな長年使っている画像ソフトを、ページを消すのももったいないので、ここで紹介しています。
基本的には使えば慣れますので、これを土台にしたい方も、愛用したい人も、是非参考にしてみてください。

Step.1 ロゴ作成ソフト「LogoShader」について今回使用する、私も愛用しているこのソフト「LogoShader」の
簡単な機能説明・基本操作です。
どんな機能があるか知っておかないといけませんね。
Step.2 実際に使ってみようバナー製作にあたって、その機能を使用した実例を紹介します。
組み合わせが豊富なので、応用編でも使っていきたいところです。
Step.3 バナー・背景を実際に作ってみよう実際に私が、Logoshaderを使って簡単にバナーを仕上げてみました。
文字を入れるだけでなく、グラデーションも有効活用しましょう。
Step.4 応用編私が実際に多用していた「ネオン文字」「メタリック文字」の作り方を載せました。
上を目指したい方は参考程度にどうぞ。

【LECTURE】そもそもバナー・ジャケット・CDTITLEって何?

(昔の記事を改修しました。)
◆DWIの画像製作にあたって…(画像製作入門編)
初心者のためのStepmania用のバナー、ジャケット、CDTITLE作成講座ということで、
まずは、それぞれなんなの?というところから始めましょう。

2013-11-28_024648.jpg

2013-11-28_024649.jpg
※Stepmania5.0のテーマ「waiei」、Stepmania3.9のテーマ「Cyberia Style 7」を使用した場合です。 

①バナー(BANNER)
これはもう、多分ご存じのとおりだと思います。フォルダのなかに、大体は入っていますね。
言うまでもありませんが、普通は「曲に関するイメージ」的な物を、ここに表示させます。
もちろん、このファイルがなくても、テーマによって「No Bannar」専用の画像が表示されます。
このバナー画像のサイズは、16:5の大きさで設定されており、
一般的には256x80、512x160サイズが使われています。
比率が違う画像を設定した場合、強制的に枠内に収まるように縮小されます。
設定方法:ファイル名を「○○○-bn」にする

②CDTITLE
「誰が作ったのか」、「これを作ったサイト」、「パッケージイメージ」などを表した画像を一般的に扱います。
サイズは指定されていませんが、あまりサイズを大きくさせすぎると、バナー画像とかぶったり、
テーマによってはインターフェイス自体とかぶって、曲選択時に凄く見にくくなってしまいます。
私の場合はおおよそ200x80以下のサイズで、適当な大きさで作っています。
設定方法:ファイル名を「cdtitle」にする

③ジャケット(JACKET)
Stepmania5.0以降から採用された新機能として、新たに設けられた部分です。
5.0に対応したテーマのほとんどは、ジャケット表示を優先にするか、
またはバナー表示に加え、ジャケット表示も一緒に表示するような仕様にしているのが多いと思います。
サイズは正方形(1:1)サイズです。
こちらは比率が違う画像を設定した場合、強制的に縮小されますが、
その比率は保たれたまま縮小されることもあるそうです。
もし、この画像のファイルの設定がないか、そもそも存在しなければ、
代わりにバナーの画像を用いられるテーマが多いと思います。
設定方法:ファイル名を「○○○-jacket」にする

作るのであれば、せめてバナーとCDTITLEは欲しいところですね。
CDTITLEは一つだけ作っておけば、後々作っていった譜面に全部導入できるわけですし…
カウンター
▼トータルアクセス

▼ユニークアクセス


こっそり参加しました
StepMania・攻略ブログ
プロフィール

AG-System

Author:AG-System
どうも、AG-Systemと申しまっす!
ここでは主に海外音ゲー曲、アニソン、ゲーソン、エロゲー等々の曲を使ってDWI、またの名をSimfileを公開しています。もう大学4年生だけど院への進学考えてる、NEETな男の子です(テヘペロ

なにか御用があれば
掲示板かメールまでお願いします
ag-system2006■hotmail.co.jp (■⇒@)
メッセ登録もOK!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

--Stepmaniaリンク--
Eternal∞Tune
Esmelas Hearts
逃げずに伏せる!
月華の協奏曲
ふ~たら
演奏の丘
PARANOiA PRiSM
ステマニ日和
elfen-knight
あー、ひまだ。
-CR-SOS DWI置き場
eternal temperament ~永久なる音律~
Heimdall
夢、幻想
Starry Line
minority
レッツ・プレイ・ステマニ
アニメDWI置き場
EJENT MACGLIF
雑食ゲーマー~ステマニ本店~
偽りの瑞光
StepManiaは大好き~
Restuniton.Solo DWI置き場
break cafe
ステマニサーチ
某国立高専附属ステマニ力学研究室
Astrogarden
ここは譜面製作室

おーぷんすてっぷ!
羽風HAKAZE ~ Feather Wind
黄昏時に差し込む光
STEPDWI
--製作関連--
LogoShader
フェンリル
--その他--
Starry MusixX

『グリザイアの楽園』2013.5.24発売予定 はつドラ合同バナーキャンペーン開催中 『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。 「タユタマ -kiss on my deity-」 2008年6月27日発売!
★パッケージ★
jap_package-bn.png
Japanese AnimeSong Package
絶賛公開中!
72曲と16人の参加者!!
☆新作DWI☆
06/29
-Fain-
05/08
-Fain-
Twitter
お気軽にフォローどうぞ
TweetsWind
新規リンクサイト
tasogaredoki-link.png サイト名:黄昏時に差し込む光
管理人名:dagger様 stepdwi-link.png サイト名:STEPDWI
管理人名:名無し様
RSSリンク
応援サイト(作品)
『グリザイアの楽園』2013.5.24発売予定 『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。 『グリザイアの迷宮』2012.1.27発売予定! Hello,good-bye 応援中! PrismRhythm -プリズムリズム-応援中! タユタマ-It's happy days-応援中! 「タユタマ -kiss on my deity-」 2008年6月27日発売! 「キサラギGOLD★STAR」応援CHU!! 戯画『 BALDR SKY diveX』応援バナー企画参加中! サガプラネッツ最新作「ナツユメナギサ」 AXL新作第6弾「かしましコミュニケーション」2010年2月26日発売予定! AXL新作第5弾「Like a Butler」2009年2月27日発売予定! 「PrincessFrontier」応援中! 「恋する乙女と守護の楯」応援バナー 11eyes_S_7.png 「Chu×Chuアイドる2」情報は特設ページで公開中! Dies irae~Acta est Fabula~応援中! 【素晴らしき日々~不連続存在~】応援中!
応援サイト(ブランド)
200x40_03.jpg 200x40_03.jpg フロントウイング応援中! 200x40_03.jpg dp2010haru.jpg 200x40_03.jpg 200x40_03.jpg 200x40_03.jpg 200x40_03.jpg bana.jpg 200x40_03.jpg 200x40_03.jpg keroqbanner_03.gif ぱれっと応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。